ホームに戻ります          
そばには、タンパク質がほかの穀類、めん類より多く含まれています。そのはか、白米食やラーメン食に不足しがちなビタミンB1、B2、ナイアシンも多く、カルシウム、鉄、マグネシウム、マンガンなどのミネラルや、血管を強くし、血圧降下の働きを持つルチンも含まれています。
薬味は、そばの風味を高めるために使うものですが、こうした栄養成分の吸収を助けたり、足りないものを補ったりする成分を補給する役目役割もあります。
薬味はその名のとおり、「薬」としての効能と、そばの「味の引き立て役」としての働きがあります。「薬」としての効能は、次ののうなものです。
・口中を刺激して唾液の分泌を盛んにする(食欲増進剤)。
・胃の粘膜を刺激して、その働きを活発にする。(健胃剤)
・消化吸収を助ける(消化剤)
それぞれの薬味の特徴をお知りになり、よりおいしく、よりヘルシーに、そばを楽しんでください。
大村庵のこだわり大村庵から
秋のお勧めメニュー
まいたけ天せいろ¥1200円 そば屋の胡麻豆腐 ¥400円 うめおろし \950円
のお知らせご予約・お問い合わせ
 
今月のお勧め
 鴨せいろ  1000円
営業時間
 11時〜14時30分
 17時〜20時30分
休日のお知らせ
 毎月木曜日です
2009年4月 ホームページ開設
平塚市西八幡2-1-19
 大村庵
メールでのお問い合わせ
携帯サイトのご案内
PCブログはこちら
通常メニュー
鴨せいろ(そば) 鴨なんばん カツ丼
つけ天
カレー南ばん 天 重
 ホームに戻ります          
このサイトを転載または画像の無断使用を禁じます。
inserted by FC2 system